秋葉原の口コミや評判がいい全身脱毛サロンを厳選比較!

通販で買える脱毛器選びのポイント

    

通販で買える脱毛機器

 

ムダ毛の処理は面倒なものですよね。
そのため、脱毛に興味を持つ人が増えています。
しかし、敷居が高そう、通うのが面倒くさい、予約が取れるかどうか心配、などの理由で脱毛サロンに通うのを躊躇している人もおられるでしょう。
そんな人は家庭用脱毛器を使ってみてはいかがでしょうか。
ただ、家庭用脱毛器にもたくさんの種類があり、どれを選べばいいのか分からない、という人も多いと思います。
そんな人のために、脱毛器選びのポイントをご説明しましょう。

 

脱毛方式・消耗品の価格をチェック

家庭用脱毛器には、大きく分けて二つの方式があります。
それが、フラッシュ方式とレーザー方式です。
どちらもメラニン色素に反応する光を照射し、毛根にダメージを与えて毛が生えてこないようにするという点では同じなのですが、レーザー方式の方が奥の毛根にまで光が届きやすいので、脱毛効果が高いんです。
ただし、その分痛みが強い場合が多く、出力を上げ過ぎると火傷や肌荒れといった肌トラブルの原因となる可能性も高くなってしまいます。
脱毛の効果と自分の肌の強さを考慮して、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
家庭用脱毛器を選ぶ際、本体価格は当然チェックするでしょう。
ですが、本体価格だけで選んでしまったのでは後悔する事があります。
それは、消耗品の値段を考慮に入れ忘れた場合です。
家庭用脱毛器には多くの場合カートリッジが付いていて、そこから光を照射するようになっています。
カートリッジは消耗品なので、一定回数使用すると交換しなくてはいけません。
本体価格が安くてもカートリッジの値段が高いのでは、結局は高い金額を支払う事になってしまうのです。
また、家庭用脱毛器の中にはカートリッジ式ではないものもあります。
その場合は使い捨てになってしまうんです。
そういったものは本体価格は安いんですが、使い終えるとまた新しいものを買わなくてはいけません。
そういった事も考えて、家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。

照射範囲と照射速度・脱毛したい部位に使えるかをチェック

家庭用脱毛器は脱毛サロンで使用されているものに比べて小さいものが多く、そのために照射範囲も小さくなっています。
照射範囲が小さいという事は、何回も照射しなければいけない事になりますから、施術にかかる時間も多く必要になるんです。
施術範囲が狭いと光を当てていない場所が出来てしまう、いわゆる「照射漏れ」も起きやすくなるので、ひざ下や背中などの広い範囲の脱毛をしたい場合は、出来るだけ照射範囲の大きいものを選ぶようにしましょう。
ただ、あまり大き過ぎると細かい部位の脱毛に使いにくくなりますから、自分が脱毛したい部位に合わせた大きさのものを選びましょう。
照射速度も、施術時間に大きく影響してきます。
あまり時間がかかると続けにくいので、照射速度は速いものを選びましょう。
家庭用脱毛器の中には、顔やデリケートゾーンには使えないものもあります。
どこに使用出来るのかをきちんと確認してから購入するようにしましょう。
値段の高いものだとどこにでも使えるものが多いのですが、値段の安い家庭用脱毛器だと使用できる部位が限られているものも多いんです。
使用可能な部位以外に使うと、肌荒れややけどなどのトラブルが起こる可能性もあります。
その場合は、メーカーは対応してくれない可能性もあるので、使用したい部位に使用できるかどうかをきちんと確認しておきましょう。
家庭用脱毛器は、自宅で手軽に脱毛が出来るという事で人気が高まっています。
ですが、選び方を間違えるとお金をどぶに捨ててしまう事にもなりかねません。
通販で購入するのは楽でいいのですが、秋葉原には家庭用脱毛器を扱っているお店も多いので、

自分で選ぶ自信がない人はお店の人に説明してもらいながら選ぶのもいいでしょう。

 

 

ランキングはこちら