秋葉原の口コミや評判がいい全身脱毛サロンを厳選比較!

妊娠中でも脱毛はできる?

    

妊娠中でも脱毛はできる?

多くの女性が経験する妊娠や出産。
妊娠中や出産をすると体も心もどんどん変化をしていり、敏感肌になり、たくさんの変化に戸惑うこともあるでしょう。
出産をして1年かけて体は元に戻っていくので、出産しても産後しばらくは同じように体はまだデリケートな時期になります。
妊娠すると普段は生えていない場所の毛が濃くなったり、いつも以上にムダ毛が濃くなったりします。
では、妊娠中に脱毛はできるのでしょうか?

 

妊娠中に脱毛ができない理由とは?

妊娠中、毛が濃くなってしまったのでムダ毛の処理をしたいと考える妊婦さんもたくさんいます。
特に夏場に妊娠していると暑さを避ける為に薄着になる妊婦さんは多いです。
薄着になること、普段よりもムダ毛が濃くて気になるという理由から脱毛サロンへ問い合わせをする方もいるのですが、残念ながら妊娠中は脱毛をすることができません。

〇理由
★まず1つ目の理由とは、妊娠中は乳腺を発達させるためのホルモンや妊娠を継続するためのホルモンが分泌されます。
このホルモンが分泌されている間、どんなに脱毛をしたくてもほとんど効果がありません。
産後すぐに脱毛ができるかと思っても産後も母乳を分泌させる為のホルモンが分泌されているので、あまり効果を感じられません。
サロンによっても方針が異なりますが生理を1回もしくは2回見送ってから施術ができます。

★2つ目は安全性が確立されていません。
妊娠中の女性に対して、脱毛の光が胎児に与える影響についての実験や安全性を保障できるデータがありません。
これにより、サロンでは万が一何かあったときの事を想定し、妊娠中の女性に対しての脱毛はお断りをしています。

★3つ目は妊娠中のお肌はデリケートです。
普段使っていた化粧品でさえ肌質が変わって刺激になってしまいます。
光脱毛をすると、肌は乾燥し、熱が内部に籠もります。
痛みを感じやすくなり、肌トラブルが起こりやすくなるので、妊娠中は脱毛ができません。

★4つ目は体調が変化しやすいということです。
ホルモンのバランスが非妊娠時とは異なります。
昨日は体調が良くても今日は疲れやすく体調が良くないなどその日によって体調が変化します。

★アルコールの臭いで具合が悪くなり、長い時間仰向けになるので体調が悪くなってしまう事もあります。

★施術内容によってはうつ伏せになって施術をしなければいけないので、おなかの赤ちゃんに負担になってしまうのでできません。

 

妊娠中なぜムダ毛は濃くなるのか?

なぜ妊娠中はムダ毛が濃くなってしまうのか。
毛が生える場所というのは、大切な部分を守る為といわれています。
妊娠中はおなかの毛が濃くなってしまう人が多いのですが、それはおなかの赤ちゃんを守る為ともいわれています。

〇他にも
乳首や乳輪の色が濃くなったり、脇に黒ずみができたりと色んな変化が現れます。
産後は妊娠を維持するためのホルモンの分泌が収まりますが、出産すると母乳を分泌するホルモンの分泌がはじまります。

体が非妊娠時の状態に戻るにはおよそ1年かかります。
人によっては産後も体調が安定せず、体調を崩してしまう事もあります。
ホルモンバランスが整っているわけではないので、脱毛をしても痛みを感じやすく、肌荒れになることがあります。

〇産後施術する場合の注意点
・基本的には産後の生理が1回か2回ほど来たら施術を受けることが可能ですが、無理をせず体調を確認しながら行いましょう。
・母乳が分泌されている間は、乳輪や脇などの脱毛は乳腺に影響するということから脱毛を断られることがあるので注意しましょう。

妊娠中でもおしゃれに気を使いたいという女性はたくさんいます。
しかし妊娠中はサロンやクリニックでの施術ができないので、電気シェーバなどで処理をすることをお勧めします。