秋葉原の口コミや評判がいい全身脱毛サロンを厳選比較!

脱毛当日にやっていいことダメなこと

    

脱毛当日にやっていいことだめなこと

 

あまりご存知ない方もおられると思いますが、脱毛の施術を受けた日にはやってはいけない事があります。
脱毛の施術では強いエネルギーの光を肌に当てる事になりますから、皮膚の中に熱がこもった状態になってしまうんです。
そんな脱毛の施術を受けた日にやっていいこととダメなことをご説明します。

 

体温を上げるようなことは避ける

脱毛当日は肌が熱を持っています。
そのような状態でお風呂に入ってしまうと、肌にこもった熱がさらに上昇してかゆみや赤みが増してしまう事があるんです。
また、体を洗う時には肌をごしごしとこすりますよね。
これも脱毛当日には避けてください。
脱毛の施術を受けた箇所はとてもデリケートになっていますから、こすると肌を傷めてしまいますし、雑菌が入る可能性もあります。
ですから、極力お風呂に入るのは避けてください。
どうしてもお風呂に入らないと気持ちが悪い、という人は、ぬるめのシャワーでさっと汗を流す程度にしましょう。
お風呂には雑菌が多いので、湯船につかるのは厳禁です。
これは、脱毛サロンでも注意されると思いますから、必ず守るようにしてください。
運動をすると血行が良くなります。
普段なら、それは冷え性の改善や代謝の向上など良い影響が大きいのですが、脱毛の施術を受けた当日は避けてください。
運動をする事によって肌が温まり、炎症が起こりやすくなって肌に赤みやかゆみが出やすくなるんです。

また、運動をすると汗をかきます。
その時、毛穴も開いていますから、そこから雑菌が入って炎症を起こし、毛嚢炎を引き起こしてしまう可能性もあるんです。
毛嚢炎とは毛穴の奥にある毛包に雑菌が入ってしまう事で起こる炎症の事で、ニキビのような赤いブツブツが出来たり、痛みや発熱を伴ったりする場合もあります。
脱毛当日の運動は控えるようにしましょう。

最近は、お酒を飲まない若者が増えていると言われていますが、女性の場合は社会進出が浸透し、ストレスを感じる事も多くなっているのでお酒を飲む人が反対に増えているそうです。
中には毎日のようにお酒を飲まないと気が済まない、という人もおられるでしょう。
ですが、脱毛当日はお酒は我慢してください。
お酒が良くない理由も血行です。
お酒を飲むと血行が良くなってしまうので、運動した時のような悪影響が起こる可能性があるんです。
飲み会の予定がある日は、脱毛の予約を入れないようにしましょう。
秋葉原には居酒屋もたくさんありますが、誘惑に負けないようにしてくださいね。

肌の保湿・冷却を心がける

脱毛の施術を受けると、肌が熱を持って火照っている状態になります。
そのため、肌トラブルが起こりやすくなっているので、血行が良くなるような行動は避けなくてはいけないんです。

反対に、肌を冷やすようにすると肌トラブルを防ぐのに役立ちます。
脱毛サロンやクリニックでも施術の後にクールダウンを行ってくれますが、それだけでは十分ではありません。
自分でも肌のクールダウンを心がけましょう。
施術を受けた箇所を冷えたタオルや保冷剤などで冷やしてあげると効果的です。
肌が火照っていると感じる時は、特にしっかりと冷やしておきましょう。

また、脱毛の施術を受けた後は肌が乾燥しやすくなっています。
保湿クリームなどを肌に塗って、乾燥を防ぎましょう
肌の乾燥は肌荒れや肌トラブルの原因となります。
美しい肌を手に入れるために脱毛の施術を受けているのですから、脱毛の施術当日は特に保湿をしっかり行いましょう。

脱毛当日にやっていいことと悪いこと、お分かりいただけたでしょうか。
特に秋や冬は外気に触れると肌の火照りを忘れてしまいがちですが、肌の奥の方には熱がこもっていますから、ついうっかりお風呂に入ってしまったりしないように気を付けましょう。
暖房の使い過ぎにも注意が必要です。
脱毛当日は、肌を冷やす事を意識してください。

 

 

ランキングはこちら