秋葉原の口コミや評判がいい全身脱毛サロンを厳選比較!

知っておきたい脱毛サロンのクーリングオフ手続き

    

クーリングオフの手続きについて

 

勧められて脱毛の契約をしたけれど、後で考えるとどうも納得のいかないところがある、やっぱり解約したい、
そういった時に役に立つのがクーリングオフです。
クーリングオフをする事で契約をなかったことにし、返金を受ける事が出来ます。
クーリングオフをするには、どういった手続きが必要なのでしょうか。

 

 

クーリングオフとは?

クーリングオフとは、一定期間内であれば無条件で契約を解除する事が出来る制度の事です。
頭を冷やして冷静に考え直す、という意味から、クーリングオフ(頭を冷やす)という名前が付けられました。
クーリングオフ制度は、不意打ち的な勧誘などによって、冷静に判断できない状態で契約をしてしまった時に、後から契約を取り消す事が出来るようにと設けられた制度です。
訪問販売や電話による勧誘、路上で声をかけて営業所などに連れて行って契約を勧めるキャッチセールスなどに適用され、長時間勧誘などの不適切な勧誘が行われやすいエステのサービスなどにもこの制度は適用されます。
どんな契約でもいつでもクーリングオフが出来るわけではありません。
クーリングオフには条件があります。
その条件とは、
1.契約をした日から8日以内であること
2.契約期間が1か月以上のものであること
3.契約金額が総額5万円以上であること
の3つです。
特に1の8日以内という条件に注意が必要です。
悩んでいる間に8日などあっという間に過ぎてしまうからです。
迷いがあるようなら長期間に渡る脱毛を続けるのは難しいかもしれません。
そんな時、クーリングオフという制度がある事を頭に置いて、契約を続けるかどうかを判断しましょう。

クーリングオフの手続き

クーリングオフをするためにお店に出向く必要はありません。
脱毛サロンに契約を解除する旨の文言を紙に書き、8日以内(8日目の消印まで有効)に発送すればクーリングオフを行うことが可能です。
ただ、普通に送っただけでは「届いていない」「期限が過ぎている」などと言い逃れをされて、トラブルが起こる可能性があります。
そのような事のないように、記録が残る方法で発送しましょう。
内容証明郵便という方法もありますが、料金が高いうえに書式も決められていて何かと面倒ですから、ハガキを配達記録で送る方法がおすすめです。
ハガキに契約したコース名や金額、契約日、サロンの名前、住所、電話番号、自分の名前、住所、電話番号、振込先口座、契約を解除する旨を書き、表裏両面のコピーを取って配達記録で送り、コピーを保管しておきます。
特定記録という発送方法もありますが、これは相手のポストに入れたという事を通知するもので、相手が受け取ったという証明にはなりませんから、必ず配達記録で送るようにしてください。
8日以内の消印有効なので、速達にする必要はありません。
また、解約理由を書く必要もありません。
「契約を解除したいと思います」などといった曖昧な表現ではなく、「契約を解除します」と言い切ってください。
もしも一回目の施術を受けてしまっていたとしても、8日以内ならクーリングオフは可能です。
悪徳業者でない限り、これで振込先口座に返金が行われます。
一度契約すると言ったのに、それを勝手に解約するのは気が引ける、などと考える必要はありません。
クーリングオフは消費者を守るための制度なのです。
後ろめたさを感じて店舗に行ったり電話をしたりする事は止めておきましょう。
脱毛サロン側はおそらく引き留めてくるでしょう。
そこで丸め込まれてしまうと、より一層クーリングオフがしにくくなります。

契約するまで帰さない、といった強引な勧誘を行う脱毛サロンが秋葉原にもあるかもしれません。
そんな場合は、さっさと契約してその場を離れ、後からクーリングオフをしてしまうといいでしょう。

 

 

ランキングはこちら