秋葉原の口コミや評判がいい全身脱毛サロンを厳選比較!

脱毛前や後にやってはいけない注意点

    

脱毛前や後にやってはいけない注意点

 

 

脱毛したいけれど、かゆみや赤みも心配になる女性は少なくありません。
何がいけないのか、脱毛前や後には何か注意しなければならないのか、知らないとトラブルになる行動も多数あり、事前にチェックすることが必須です。

 

 

 

脱毛前は日焼け止めは塗らず、脱毛後に塗る

オタクの街として人気のエリアでの脱毛サロンというと、入りにくい、ハードルが高いと感じられるかとも思いますが、行きやすい雰囲気の脱毛サロンもちゃんとあります。
また、脱毛サロンに行く時、他にも予定を立てておくと、その日1日を有意義に過ごせるかもしれません。
というのも、脱毛前・その日・脱毛後には、やらなければいけないこと、やってはいけない注意点があるためです。
結果、施術自体を断られてしまう場合があって、本当なら施術を受けるはずの時間がぽっかり空くことも考えられるからです。

〇脱毛前の注意点
どのサロンでも事前にその部位のシェービングをお願いされます。
剃り残しがあれば、施術を断ることも少なくありません。
それには理由があり、長い毛が皮膚表面に生えていれば、毛乳頭や毛母細胞に作用するより、表面に働きかけます。
無駄に回数を重ねさせないためには、肌表面に毛が無い状態がベストです。

・同じように、家庭用でもお馴染みの光脱毛は、黒い色素であるメラニン色素に反応します。
ですので、日焼けを避けることは大切です。
そうでなければ、火傷や炎症を起こす可能性が高まってしまいます。
脱毛前は、日焼け止め・制汗剤・化粧品などを肌に塗らないこともポイントですが、脱毛後は逆に、日焼け止めを塗って、肌を焼かないことに努めます。

 

脱毛後は、スキンケアに励むことが大事

〇脱毛後の注意点
血行促進効果の高い行動を控えることです。
これは、肌トラブルを起こさないために必要な内容で、例えば、運動をすると汗をかきます。
その際、毛穴も開き、そこから雑菌が入って毛嚢炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

・また、強いエネルギーの光を照射するので、皮膚の中に熱がこもった状態です。
普段より肌はデリケートな状態です。
そこでお風呂に入って、肌を擦ると、かゆみや赤みが増してしまいます。

〇トラブルを防ぐには
対処法であったり、こうしたトラブルを防ぐのに脱毛サロンが行うのは、冷やすケアいわゆるクールダウンを行ってくれます。
また、脱毛後は肌が乾燥しやすくなっています。
保湿ローションやクリームなどを肌に塗って、肌のバリア機能を整えることも大切です。

 

デリケートになっている肌へのシェービング

〇注意したい部位
スムーズに脱毛を行うために、注意したい部位もあります。
・それがデリケートゾーンで、大抵は、ツルツルよりも、デザイン脱毛のリクエストが多い部位です。
脱毛前・その日までに形状を決めておくことも大切です。

・またトラブルなく行うために、2日前までにシェービングを行いますが、シェーバーやカミソリで行うこと、加えて、シェービングフォームを使うようにします。
大体の脱毛サロンでは、当日、デリケートゾーンの毛が1mm程度ある状態での来店をお願いされます。
5mm以上毛が残っているような場合は、トラブルの原因となってしまう可能性があるからです。

・もちろん、刃で傷つけてしまったり、炎症やかゆみなどが事前に確認されれば、家庭用であっても、光脱毛を避けるのは鉄則です。
カミソリ負けなどは、敏感肌と見なされます。
もちろん、低出力やアフターケアに努めるサロンばかりなので、自己処理より安心できます。

〇アルコール摂取禁止
脱毛サロンでは、脱毛前後12時間はアルコールの摂取を控えるように注意されます。
これも血行が促されてしまうためで、かゆみや赤みを引き起こします。
オタク街にも数多くの居酒屋やバーも沢山ありますが、脱毛前後は禁酒を徹底しましょう。
電気街なので、家庭用の脱毛器も揃っているエリアですが、脱毛サロンに通う方が何かと安心できます。
しかしながら、家庭でもサロンでも、脱毛前と後では敏感になっている肌だからこそ、しっかりしたケアに努める必要があり、結果的に肌トラブル0の脱毛効果に繋がります。