秋葉原の口コミや評判がいい全身脱毛サロンを厳選比較!

中高年や未成年でも脱毛することはできるのか

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/30
    

脱毛をしたいと思っても、年齢が悩みの種となることもあるのではないでしょうか。特に中高年や未成年の場合、他の世代と比べ、注意点が多くなるので、施術を開始する前にしっかりと把握しておかなくてはいけません。疑問点を残したままにしておくと、後々トラブルになってしまったり、後悔してしまったりといったことになりかねないので注意が必要です。

中高年の脱毛のポイントについて

中高年になって脱毛をすることは十分に可能です。しかし、施術方法を考えると、注意点が多くなることも否定できません。しっかりと頭に入れ、納得したうえで施術を開始することが大切です。

一般的に、脱毛では、メラニン色素の黒色に反応するレーザーを照射させる方法が多くなります。そのため、中高年になり、毛の色素が薄くなってしまったり、白髪になってしまったりということになると、レーザーが上手く反応しないので、脱毛の効果も期待できなくなります。

毛の大半が黒く、白髪や色素の薄い毛が僅かにあるといった程度なら良いかもしれませんが、大半が白髪であったり、毛の色素が薄くなっていたりという場合には、注意が必要です。また、中高年になると、乾燥や老化が進み、肌のコンディションも衰えていきます。

レーザーの照射が刺激となり、肌トラブルを起こしやすくなったり、施術のときに痛みを感じやすかったりといったこともあるので注意しておきましょう。中高年の場合には、白髪が増えてしまったり、色素が薄くなってしまったりする前に脱毛をすることがおすすめです。

未成年の脱毛のポイントについて

未成年で脱毛をする際は、保護者の同意書が必要になります。金銭的な支払いも含め、保護者の同意を得ることができれば、未成年でも脱毛することは可能になります。けれど、サロンによっては年齢制限を設けていることも少なくありません。18歳以上であれば、大抵のサロンで施術を受けることは可能ですが、10代前半の場合には注意が必要です。

というのも、未成年の場合には、ホルモンバランスが安定しておらず、身体も成長期にあたるからです。一時的に毛を減らすことができても、成長とともに再び毛が生えてしまう可能性もあります。

また、大人に比べ、子どもの肌は薄くデリケートなため、肌荒れや炎症といった肌トラブルがおきやすくなったり、大人よりも施術による痛みを感じやすかったりといったことも少なくありません。

それに、施術に使用する器具は、大人が利用することを想定して作られています。そのため、レーザーの照射範囲を絞ったり、出力を調整したり、子どもに対応するのが難しいといった場合もあります。

身体が成長しきれていない段階で施術を受けることになるので、その分、デメリットも多くなります。しっかりと頭に入れたうえで検討することが大切です。

アフターケアや施術内容を把握しよう

脱毛をする場合は、アフターケアを含めた施術内容をしっかりと把握することが欠かせません。疑問点を残したまま施術をはじめてしまうと、トラブルになったり後悔してしまったりといったことが増えてしまうので注意が必要です。

また、一度失った毛は戻ってこないかもしれないといったこともよく考えておきましょう。時間が経ち、毛の有無について価値観が変わったとしても、失った後ではどうすることもできません。施術期間や料金といった負担も伴います。慎重に考えたうえで決断することが大切です。

 

中高年や未成年でも脱毛することは可能です。ただし、年齢に伴う身体の変化により、他の世代と比べ、注意点などが多くなることは否定できません。施術を受けたことを後悔してしまうことがないよう、デメリットといった部分を把握し、納得したうえで慎重に検討することが大切になります。

尚、施術に必要となる期間や料金は少なくありません。アフターケアを含めた施術内容をよく把握し、施術を受ける前に疑問点を解消しておくこともポイントと言えます。