秋葉原の口コミや評判がいい全身脱毛サロンを厳選比較!

埋没毛を発生させないための対策をご紹介!

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/19
    

 

皆さん埋没毛をご存知でしょうか?本来体毛は皮膚の表面に出てくるものですが、何らかの原因で皮膚の下の埋もれてしまう毛のことを指します。ここでは「剃っても剃ってもなくならないし、見た目が悪いから気になる!」と悩まされている方のために、埋没毛を発生させない対策を3つ紹介したいと思います。

対策1:原因となる「毛」をなくしてしまう

そもそも埋没毛とは「毛」があるからこそ発生してしまうので、根本的な解決法として脱毛してしまうのが一番手っ取り早いです。しかし誤った脱毛をしてしまっては逆にそれが埋没毛の原因になってしまいます。毛抜き、ブラジリアンワックスはその最たる例なので絶対にやめておきましょう。

ここで言う正しい脱毛は、プロに任せてしまうことです。脱毛サロンや医療クリニックに足を運ぶことを推奨します。とは言っても脱毛にかかるお金は決して安くはありません。全身ともなると、相場は15万~25万円程です。簡単に手が出る金額ではありませんよね。

そこで費用を安く抑えるために、全身ではなく部分で脱毛することです。毛が埋もれやすいのはなにも全身ではなく、脇やVIOライン、あとは人によって毛が濃いためによく処理する部分です。そういった部分に限定すれば、全身の場合の1/4~1/10まで費用を安く抑えることができます。

脱毛は繰り返すことで毛がどんどん薄くなり、毛がない時期だけでなく生えている時期でも埋没毛が発生しにくくなりますので、ずっと悩まされたくない方には一番の解決策と言えるでしょう。

対策2:自身の体毛処理の仕方を見つめなおす

もし自分で体毛を処理されている方で剃刀を使用しているのであれば、電気シェーバーに乗り換えることを推奨します。なぜなら剃刀は直接刃が肌に当たることで表面が傷つき、毛が埋もれやすくなってしまうからです。

一方電気シェーバーは直接肌に刃が触れることなく毛を剃ることができる作りになっているので、肌への負担が剃刀に比べると断然少ないです。とはいえ逆剃りを何度もしてしまうと肌を痛めやすいので、毛の流れに沿うようにして、最後の仕上げに一度だけ逆剃りをする方法が肌への負担も剃り残しも最も少ないでしょう。

問題となる費用ですが、脱毛に比べればはるかに安く済むとはいえ電動シェーバーの相場は1,000~200,000円と幅広く種類も豊富にあります。どれを買えばいいか分からないという方は、有名なメーカーで3枚刃以上の物であれば10,000~30,000円の価格帯の物を選ぶといいでしょう。

1年ごとに替え刃(5,000円以下のものがほとんど)をしていけば本体は5年は使えるはずなので、脱毛よりはかなりコスパがいいです。脱毛に行くお金がないという方は、電動シェーバーでの体毛処理をおすすめします。

対策3:生活リズムを整えて肌の健康を保つ

健康な肌であれば、基本的に28日周期で肌は古い角質が表面から剥がれて新しい角質が顔を出します。ですが睡眠不足などで生活リズムが乱れると、この周期が狂ってしまい古い角質が剥がれない状態になります。結果それが毛が埋もれる原因になってしまうのです。

どんなにスキンケアをしっかりとしていても、この肌の生まれ変わりの周期が乱れていては肌の健康を保つことはできません。睡眠不足は肌の不健康につながり、肌の不健康は埋没毛の原因になります。最低でも6時間の睡眠をとることを心がけましょう。特に午後10時~午前2時までは肌の代謝が活発になる時間帯なので、しっかりと睡眠をとっていることが望ましいです。

 

以上埋没毛を発生させないための対策を3つ紹介しましたが、すべてに共通して注意すべきことは肌もしくは身体をいたわることです。脱毛に関しては、初めての人が下手に家庭でおこなって火傷でもしたら大変です。自身での体毛処理もなるべく肌に優しい機器を使ったところで、その後のスキンケアを怠ってはいけません。

生活リズムを整えることは肌の健康による埋没毛の発生対策のみならず、心身の健康のために必要不可欠です。

1つ目に紹介した脱毛で、原因である「毛」を根絶してしまえば毛に関わるに悩みとはおさらばです。ですが基本的に自身の健康を維持する努力をしていれば、それが埋没毛の予防にもなります。万が一発生しても、躍起になって処理しようとしなくとも放置することで気づかぬうちに自然と改善されていくものです。

ぜひ皆さん埋没毛という一点にとらわれずに、自分の体全体をいたわってあげてください。それが一番の予防策になると思います。