秋葉原の口コミや評判がいい全身脱毛サロンを厳選比較!

脱毛テープを使用した際の肌への負担は?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/24
    

手軽な方法の脱毛テープですが、使い方によっては肌に負担をかけてしまうこともあります。利便性は魅力的ですが、それ以上に肌のトラブルになってしまっては、結局はケアが必要になるのでマイナスになってしまいます。気を付ける点を熟知しておき、無理のない使い方をしましょう。

痛いのは肌に衝撃がかかっている証拠です

脱毛テープは貼って剥がすだけでムダ毛がとれるので、短時間で処理ができます。しかも、ある程度の広さを一気に処理できるので手間もかからないから、自宅で気になったときにすぐに使えて処理も簡単です。脱毛テープ自体も値段が抑え目なので、コスパが良いことも魅力です。

一方で脱毛テープを使ったときに、誰もが一度は経験するのが剥がすときの痛みです。ムダ毛がテープによって無理に抜かれるので、激しい痛みが生じます。特にまだ成長途中のムダ毛はしっかりと根付いていますから、力で強制的に抜くと強烈な痛みが伴います。

痛みがあるということは皮膚とムダ毛の毛根やその周辺に負荷がかかっている状態です。力ずくで抜くようなものですから、当然ダメージは肌や毛根周辺に発生して残ります。

これを抑えるクールダウンや保湿の処理をすればリカバリーできますが、ここを怠ると炎症となり大きなトラブルにつながってしまいます。痛みがあることはそれだけ大きな衝撃があるということです。

毛穴が開きっぱなしになるリスクもある

脱毛は本来はまだ生えているムダ毛を取り去るので、肌の働きにも自然ではありません。例えばムダ毛を抜いたあとに、開いていた毛穴がそのままになってしまえば、目立ってしまってきれいな肌質になりません。

処理をしたあとに毛穴が閉じることがきめの細かい肌に整えるためには必要です。ですから、脱毛と同時にきちんと肌質もアップできることが重要です。

その点で脱毛テープは、無理やり引き抜くので急な脱毛で、毛穴が締まる反応ができないことも多いです。つまり、ムダ毛は強制的にぬくことはできても、その周辺の肌までは対応してくれないので毛穴が目立つとなってしまう可能性が高いです。

それだけ皮膚の本来の状態に逆らう処理方法ですから、利用する際には使い方から処理後のケアまで、より多くの気遣いとフォローが必要になってくるのです。そのことを頭に入れながら使う必要があります。

毛穴が開いたままだと深刻な皮膚病の可能性もある

脱毛テープを使ったムダ毛処理には毛穴が開きっぱなしになる可能性も高いです。それだけでも見た目が良くありませんが、それ以上の深刻なトラブルに発展してしまう可能性もあります。それが開いた毛穴からの雑菌の侵入です。

本来、肌には常在菌がいますし、毛穴も締まっているので菌をはねのけてくれます。菌が入ってしまうのは傷口のように皮膚が開いたところです。

同じ原理で脱毛テープの使用で毛穴も開き、ムダ毛だけではなく皮膚の表面の常在菌まで取ってしまいます。こうなると雑菌が皮ふ内部に侵入しやすい環境です。脱毛してきれいにしようとしたのに、化膿したり傷ができたりと、かえって見た目が良くない肌になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

また、そこまでひどくならなくても、皮膚が敏感になってしまうケースもあるので、いつもは平気なことでもしみたりヒリヒリを感じたりする方もいます。

 

脱毛テープは利便性とコスパが高いことはメリットですし、利用しても問題がないことも多いです。

一方で、皮膚にとっては大きな刺激になってしまうので、炎症を起こしたり、毛穴が目立ち見た目の問題が出てきます。脱毛テープと一緒に取れてしまう常在菌や毛穴が開くことで、皮膚内部に菌が入ってしまうリスクも高まります。

せっかくきれいにしようと思ったのに、かえってトラブルを起こす可能性も高いです。使い方を熟知して、使用後のケアも気を配る必要があります。メリットも多いですが、デメリットも多いのが脱毛テープです。